「寄付」から生まれる新たな可能性をさがそう。2022~クラウドファンディング・バースデー寄付の事例から~

12月は寄付月間です。

「寄付」とは何から生まれるものでしょうか。活動にある思いや目指す未来に「共感」することで、市民活動に欠かせないボランティアの存在や寄付につながると考えられます。

では、どのように共感を得て、どのような形で市民活動にその共感を取り入れることができるのか。寄付による可能性はどう広がっていくのでしょうか。

クラウドファンディングやバースデードネーションの経験談から、そのヒントを探ります。

 

■日 時:2022年12月8日()17:30~19:30

■場 所:もんぜんぷら座304会議室

■参加費:500円/人 

■定 員:40人

■内 容:

【第一部】「わたしはバースデードネーションを通じて寄付をしました」
今年、バースデードネーションに挑戦し達成しおた二人から、その思いや工夫、苦労話などをお話してもらいます。

亀垣嘉明さん・寺澤順子さん

【第二部】パネルトーク「クラウドファンディングを知ろう」

おそらくよく耳にする「クラウドファンディング」は、認知度も寄付額も増え続けています。では、クラウドファンディングってなんでしょう?どうやってやればいいのでしょう?改めてクラウドファンディングの基本から奥深さを知り、活用のポイントや工夫点を、プロのお二人からお聞きします。

パネリスト:寺田ユースケさん・波多腰遥さん

■主催:市民協働サポートセンター/ながの協働ねっと

■問い合わせ・申し込み先:市民協働サポートセンター

026-223-0051、メールnpo@nagano-shimin.net

フォームからも申し込みができます。https://forms.gle/gt7jUy8QeDXqgQSp8