2021年度(第19回)ドコモ市民活動団体助成事業

2021年度(第19回)ドコモ市民活動団体助成事業

2021年度(第19回)ドコモ市民活動団体助成事業の募集開始について

https://www.mcfund.or.jp/jyosei/2021/no19/

―よりよい未来のために頑張る仲間を応援します―

NPO法人モバイル・コミュニケーション・ファンド(以下:MCF)では、2003年度より『ドコモ市民活動団体助成事業』を開始し、将来の担い手である子どもたちの健やかな育ちを応援する活動に取り組む全国の市民活動団体の皆さまに対して、助成金による活動支援を実施してきました。

2021年度については、子どもを取り巻く様々な社会課題に取り組む市民活動団体の皆さまが、これまでの活動を充実・発展させるための取り組みに加え、新型コロナウイルス感染症の影響による課題・ニーズに対応した緊急性の高い取り組みについて積極的に支援を行います。

また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会が大きく変化する中、困難な状況に置かれている子ども等の現状を調査し、その現象や要因の構造を把握することにより、見えていない課題等について明らかにすることを目的とした実態調査活動に助成を行い、その結果を広く社会に発信し、課題を抱える子ども・保護者等の現状とニーズに対応した支援に繋げていくこととします。

  • 事業の目的
    将来の担い手である子どもたちが夢と希望をもって成長していける社会の実現にむけ、子どもの健全育成に取り組む全国の市民活動を応援します。
  • 助成対象活動
    • 活動テーマ1:子どもの健全な育成を支援する活動(上限額70万円)
    • 活動テーマ2:経済的困難を抱える子どもを支援する活動(上限額100万円)
    • 活動テーマ3:新型コロナウイルス感染症により影響を受けている子ども等の実態調査活動(上限額50万円)
  • 助成対象団体
    1. 日本国内に活動拠点を有する民間の非営利活動団体。なお、活動実績が2年以上であること(基準日:2021年3月1日)。
    2. 複数の団体が連携した協働事業の場合は、代表申請団体が上記1の要件を満たしていることを条件とします。
    3. 任意団体については、5人以上のメンバーで構成され、活動状況についてホームぺージ、SNS(ブログ、フェイスブック等)による活動状況の発信や団体情報の開示を行っている団体。また、会則、規約またはそれに相当する文書を有し、適正な事業計画書、予算・決算書が整備されており、応募団体が活動する地域の中間支援組織(NPO支援センターなど活動支援団体)からの推薦があることを条件とします。
    4. 活動テーマ1、2については、助成決定後、申請事業の活動計画に基づいた目標設定、四半期ごとの経過報告、効果検証、活動成果の作成・公表等について、実施していただける団体。
    5. また、活動テーマ3の実態調査活動については、調査分析結果の作成・公表を実施していただける団体。
    6. 申請事業の活動状況について、団体のホームぺージやSNS(ブログ、フェイスブック等)による定期的な情報発信を実践していただける団体。
  • 募集期間
    2月15日(月)~3月31日(水)

申請・お問い合わせ

NPO法人モバイルコミュニケーション・ファンド(MCF)事務局

〒100-6150東京都千代田区永田町2-11-1山王パークタワー41F

TEL:03-3509-7651(平日10時~18時 土日祝除く)