小田切をエルダーフラワーの里に!!

小田切をエルダーフラワーの里に!!

機関誌の取材で、小田切地区で活動する

NPO法人小田切エルダーフラワープロジェクトの畑を訪ねました。

理事長の安西晋さんに案内され、着いた畑は、山間の傾斜地にありました。

1ヘクタールほどにエルダーフラワーが植えられています。

 

エルダーフラワーを見ながら傾斜を昇って行くと、

風が吹き抜ける場所にベンチが置かれていて、

そこに座ると遠くに山並みが折り重なった美しい景色が!!

エルダーフラワーはハーブの一種で、ヨーロッパでは比較的メジャーな植物。

料理などにも使われるそうですが、日本では栽培している場所はほとんどありません。

地域おこし協力隊として赴任した理事長の安西さんは、

ここにエルダーフラワーを植えて、小田切からビジネスを広げていこう!

ここをエルダーフラワーの里にして、人も資源も循環する暮らしを創ろう!

と活動しています。

地域のおばあちゃんたちが花を摘み、加工したものは化粧品や食品になります。

その収益で地域が暮らしていけるようになれば・・・。

 

最近では、ホームページなどを見て、都心部の一流レストランからも声がかかるそうです。

「本当にエルダーフラワーを愛して、必要とする人としか関わらない」とのこと。

場所も実はヒミツ。

多くの人に知られて荒らされることを懸念してのことです。

エルダーフラワーは高さ2メートルから3メートルくらいまで成長しますが、

ちょうど人の目線あたりに小さな花が密集して咲きます。

ちょうど今ぐらいが開花期。

高齢者でも収穫にあまり負担がないこともあり、地域の皆さんと一緒に作業もします。

また、障害のある若者たちの活躍の場としても期待されています。

栽培を始めて6年目の去年、やっと30キロのエルダーフラワーを収穫することができました。

 

安西さんが目指すのは縄文式ビジネス。

地域の中で分かち合い、助け合いながら暮らし、ビジネスが生まれ、地域が持続可能になる。

何れは県の特産物にしたい!!そうです。