ふぞろいのストロー プロジェクト with HopeApple

ふぞろいのストロー プロジェクト with HopeApple

2019年に発生した台風19号による水害から2年が経ちました。
長沼の農地を活用してライ麦を育て、その茎を用いたストローを作るプロジェクトがスタートします。
11月に種を蒔き、来年6月に刈り取、ストローの加工は福祉施設などと連携して行います。
茎の大きさは一定でないので、称して「ふぞろいのストロー」なのです。
このプロジェクトがどこまで可能か実証的意味の取り組みですが、関心のある方は最初からかかわっていただければと思います。
11月に種まきをし、12月に麦踏をします。そのとき、麦わらの茎を用いた装飾「ヒンメリ」の体験も行います。

<第1回>ライ麦の種まき・焼き芋
11/13(土)10:00~12:00

<第2回>麦踏み・ヒンメリ体験
12/12(日)10:00~12:00

参加費:無料
※農作業のできる服装で

主催:Hope Apple
※問い合わせと参加ご希望の方は、電話 090-5689‐3658(塚田)またはEメール greenstyleforest@gmail.comへ

#NPO #市民活動 #復興 #ストロープロジェクト #SDGs